京急は品川‐羽田15分の看板を掲げていますが朝の地方から東京出張のピークの地方空港7:00→羽田着8:30
羽田空港駅8:45頃の電車に乗ると品川まで25分かかり、15分列車はガラガラのニーズのないデータイムのみでは話になりません。ガラガラなら絶対に平和島に止めるべきです。

モノレールは首都圏→地方のピークの羽田発8:30に乗ろうとすると快速なし。流通センターへの通勤客で満員の列車で22分。
沿線にほぼ、住宅地のないモノレールは羽田発の地方空港行きがほぼ終わる20:00羽田着以降も空港快速がガラガラの空気輸送で走っています。
仮に木更津方面への直通鉄道だったら都心→21:00下り羽田方面でも内房線沿線への帰宅時間で終日、全ての方向で乗車効率がよくなります。

     快特 区間急行 4浦賀始発   
金沢八景着12:15□12:11 12:13      
金沢八景発12:16□12:11□12:18                            
金沢文庫□1218□12:13□12:20
金沢文庫発12:18□12:13□12:20
能見台□□□□■12:16□12:23
京急富岡□□□■12:17□12:24
杉田□□□□□■12:20□12:27
屏風ヶ浦□□□■12:21□12:28                       
上大岡□□1225■12:26□12:32                       
弘明寺□□□□□12:18□12:34                       
井土ヶ谷□□□□12:20□12:36
南太田□□□□□12:22□12:38退避
発 12:40
黄金町□□□□□12:24□12:42                       
日ノ出町□□□□12:25□12:43
戸部□□□□□□12:27□12:45                       
横浜□□□1235■12:29□12:48                       
仲木戸□□□□□12:31               
新町□□□□□□12:33  
鶴見□□□□□□12:36■品川  
川崎□□□1242■12:40■12:43
蒲田□□□1244■12:43■12:51   
蒲田□□□1245■12:45■12:51    
糀谷□□□□至□12:47
大鳥居□□品川□12:49    
穴守□□□□□□12:50
天空橋□□□□□12:51
羽田国際□□□□12:54■12:56
羽田国内□□□□12:56■12:58
03着の折り返し06発
↑にするにはエア快を品川一分停車にすれば可能
※ 文庫から急行蒲田まで先着 蒲田対面乗り換え横浜―空港国内21分
↓やはり横浜以南各駅が理想
金沢文庫□1218□XXXX□12:52                       
能見台□□□□□12:                       
杉田□□□□□□12:                       
上大岡□□1225■12:48 □12:56                       
弘明寺□□□□□12:46■
井土ヶ谷    12:44
南太田□□□□□12:42
南太田□□□□□12:39快特通過待ち                       
黄金町□□□□□12:38■                       
日ノ出町□□□□12:36■
戸部□□□□□□12:34                       
横浜□□□1235■12:32□12:36                       
仲木戸□□□□□12:30■               
新町□□□□□□12:29■  
鶴見□□□□□□12:24■  
川崎□□□1242■12:21□12:29
蒲田□□□1245■12:17□12:15   
蒲田□□□1245■12:14□12:15    
糀谷□□□□至□12:12■
大鳥居□□品川□12:10■    
穴守□□□□□□12:09■
天空橋□□□□□12:07■
羽田国際□□□□12:06■
羽田国内□□□□12:03■1
品川□□□□□□□□□12:08

品川方面蒲田→糀谷11-13 糀谷→蒲田17-19




品川発空港行き
平和島緩急接続のためエア快と急行データイム廃止 
品川−蒲田平和島のみ停車 品川−羽田快特運転所要17分 10分毎
乗り換え時間含め横浜−羽田空港20分

品川12:02 12:12 12:48 12:58
品川‐蒲田 平和島のみ停車
 ↓ ↓   ↑  ↑
平和12:07 12:17 12:43 12:53
三崎口発蒲田着34 44
蒲田12:11 12:21 12:39 12:49
※蒲田発三崎口行き39 39
※横浜方面からの快特と2-3分の待ち合わせで蒲田発空港ノンストップに接続
糀谷 ↓ ↓   ↑ ↑
大鳥通過 ↓
穴守通過 ↓    ↑ ↑
天空通過     ↑ ↑
国際12:17 12:27 12:34 12:44
羽田12:19 12:29 12:31 12:41
蒲田→糀谷11-13 糀谷→蒲田17-19
蒲田高架化完成後 
横浜発南太田退避普通以北空港エアポート特急ダイヤ案
横浜11:08 11:18 11:28 11:38
子安11:11 11:21 11:31 11:41
川崎11:17 11:27 11:37 11:47
蒲田11:21 11:31 11:41 11:51
糀谷11:23 11:33 11:43 11:53
大鳥11:25 11:35 11:45 11:55
穴守11:26 11:36 11:46 11:56
天空11:28 11:38 11:48 11:58
国際11:30 11:40 11:50 12:00
羽田11:32 11:42 11:52 12:02
横浜―空港24分 子安にて鶴見まで待避無しの普通に接続
※いっその事、全部新逗子始発、八景より本線快特3分後に8両特急として続行運転すれば文庫増結不要で八景、文庫、上大岡から横浜、川崎への着席機会増大。
しかも横須賀線より速い逗子〜横浜27分
品川発エアポート特急空港行き
※品川−国際T15分 国内18分
品川発 11:06 11:16 11:26 11:36
青物横丁11:09 11:19 11:29 11:39
平和島 11:13 11:23 11:33 11:43
京急蒲田11:16 11:26 11:36 11:46
国際線着 11:21 11:31 11:41 11:51
羽田国内 11:24 11:34 11:44 11:54


これができてしまうと一番割りを食うのは社運をかけた羽田アクセスの山手線西側から羽田への乗客を殆ど奪われてしまう京急です。また東海道新幹線の池袋、新宿、渋谷から大阪以西への旅客減少必至のJR東海を震撼させることにもなります。アクアラインバス品川、及び川崎、横浜線という既得権もあるので資本参加させるのが現実的かと思われます。

しかし、市谷、飯田橋、四谷、後楽園から品川へは不便で南北線を品川に延伸すべきです。
南北線品川延伸 

JR東日本はTX対策でTXと同じ130Km/h運転のE531系を投入しましたが電動車比率が低く高速運転と高加速電車の導入実績が殆ど無く沿線での大規模ニュータウン開発も殆ど実績がありません。更に文庫での増解結1分強に対しJRは逗子で5分も要しており運行は京急への委託ができれば最高です。

京急は関東大手私鉄では高めな運賃のためかなり業績も堅調でありながら沿線は久里浜以北は崖のふちまで宅地で埋め尽くされもう沿線には新規住宅開発余地が無く油壷も反対運動が地元から激しくもう逗子バス30分のなぎさの丘佐島くらいしか一戸建て分譲地の開発余地はありません。おいしいところは古い時代に全部西武が開発しています。

京急に資本参加させ積極的に君津地域の土地を独占的に安値で拾い開通後には不動産部門で儲けて貰うというのが現実的です。五井の国分寺台ニュータウンを開発した実績もあります。京急はバス優勢の横浜からの羽田アクセス及び国際線ターミナルへのアクセスに特化してもらう以外ありません。将来的には従来の川崎分割、併結ではなく空港線内国際線ターミナルのみ停車。蒲田−横浜間川崎、仲木戸(横浜線乗り換え)のみ停車の単独運転。横浜以南普通(南太田退避の横浜以南普通)の優等を10分毎に新設しこの場合横浜−羽田空港がジャスト19分となることが予想されます。

現状南太田での快特退避の普通品川行き上りが横浜発上り快特の2分後に発車しており横浜−川崎間の普通は毎時12本から6本に半減させることにはなりますがどちらにせよ南太田退避の普通は川崎で接続する優等がありません。しかしこのくらいの攻勢をかけないと横浜−羽田空港間でのバスを大幅に縮小させることはできません。それが無理にしても快特併結の横浜−羽田の現行の空港線内各駅(国際線ターミナル停車だと所要1分増加の25分)を10分毎に走らせバス優勢のこの区間の本業の鉄道のシェアを大きく増やしてもらいたいものです。また、都営からの20分毎の空港快特は上り品川−蒲田で特急並みの速度で走っており空席も目立ち品川−蒲田は特急とすべきで将来は品川〜蒲田間特急。空港線内各駅停車と品川〜空港19分の特急を急行を廃止して10分毎にすべきです。

尚、駅名変更がお得意の京急ですので仲木戸は京急東神奈川に改称すべきでしょう。

モノレールに関してはマンションラッシュの芝浦地区や鮫洲免許センター新駅及びそこから八潮団地への歩道橋設置費用の補助を行うなどしてローカル輸送に特化してもらう他ありません。また、房総から人手不足の芝浦の港湾労働者を少しでも多く獲得するために芝浦地区の新駅設置も必要です。

しかしモノレールは国際線ターミナル停車でも快速なら浜松町−羽田19分と予想され都営乗り入れの浜松町(都営大門)や延伸予定の新橋から速度でも快速の運行頻度から考えると圧倒的に京急より便利でもはや京急空港線は現状でも横浜へのアクセスに重点を置くべきです。今後はスターフライヤーのような国内線でも深夜運行の旅客便(新千歳、関西、那覇等24時間運用可能空港)が増えるものと思われ鉄道は保線の関係で24時以降の運行は困難ですがモノレールだけでも25時位までは運行して深夜の都心−羽田空港の足として活路を見出せます。バスは八重洲−鴨川と外房沿線−羽田は安泰。五井−横浜は本数が少ないので姉崎地区からは袖ヶ浦BT利用も多く、かつ安い60分毎の総武快速利用も多いので存続できるかはなんともいえません。

よく、インターネットの掲示板で京成八幡駅立体交差化(地下化)を契機にして京成線の八幡以東改軌、都営新宿、京王と直通して八王子−新宿−成田直通特急をという提言を見かけますが 要は浅草線直通だと総武快速とルートが被り意味がない。しかし、
都営新宿にしても実は総武緩行と被り意味がありません。
それは京急側の視点から考えてもまったく同じで横須賀−総武と被り意味がありません。
FGTなどの何らかの技術革新で京急と都営浅草と東武を直通運転し、横浜−品川−新橋−錦糸町−押上−北千住−南栗橋、久喜の直通運転をすれば京急、東武、都営三社ともにメリットがあります。
半蔵門の白河清澄以北は田園都市線と同じ20M車両10両5分毎では過剰輸送。そのため不便なダイヤで、その要因として
北千住から大手町、表参道へは千代田線が圧倒的に早く久喜−渋谷ではJRが圧倒的に早く勝負になりません。
都営浅草直通なら東武としても本音は廃駅にしたい浅草救済につながります。(現状の浅草
東武から上野、秋葉原へは日比谷線として、新橋、品川、横浜へは不便です。
実現されると横浜−北千住が10分毎55分とかなり使えます。
東武、都営、京急にとっては成田−羽田輸送より北千住−新橋−浜松町−田町−(五反田)品川−川崎−横浜 10分毎の輸送は非常に魅力的であります。
正直、京急と京成はかなり不仲な印象を受け、将来の京急、東武は春日部−越谷−草加−北千住−都心−品川−川崎−横浜の東京の真北からほぼ真南を結ぶルートを模索してもらいたいものです。

首都圏南北ライン FGT案 10分毎に運転
南栗橋−三崎口20分毎 館林−三崎口20分毎
東武動物公園11:03
春日部    11:09  
せんげん台  11:14
越谷     11:20
新越谷    11:23
草加     11:28
西新井    11:34
北千住    11:39
曳舟     11:45
押上 11:49
浅草     11:51
浅草橋    11:54
日本橋  11:59
新橋     12:04
大門     12:06
三田     12:08
泉岳寺    12:11
品川     12:14
蒲田     12:21
川崎     12:24
横浜着    12:31
北総は羽田空港行き 京成と浅草線の乗り入れは中止



[←戻る]